外国人のみなさんが日本の会社で働くためには、前回お伝えした在留資格ごとに働ける内容が異なります。まずはその在留資格に合致して、自分が働きたいと思えるような会社や仕事をを探さなければなりません。今回はそのような会社探しを始めとする、日本での就職活動について知っていただきたいと思います。日本企業の採用活動では新卒採用(学生の採用)を重視して行うという傾向があります。まずは日本における企業の採用活動の特徴を知っておきましょう。

国によって雇用の考え方や慣習は違うものですが、日本の場合には「社員は仲間であり関係性が大事」「会社の中で複数の仕事を経験する」「勤続年数に応じてポストが与えられる」といった伝統的な考えがまだまだ残っています。仕事やポストを中心として人を求めていくような、欧米型の考えとは異なる特徴を持っています。日本の雇用の特徴を「メンバーシップ型」、欧米の特徴を「ジョブ型」などと呼んだりします。

採用活動については、学生を雇用する新卒採用と、就職経験者を雇用する中途採用では少し流れが違いますが、新卒を中心に日本型の採用活動を説明しましょう。大きな特徴はまだ在学中から採用活動を行うことで、就職情報ナビ、合同企業説明会、学校への求人票などの企業の募集活動に対し応募して、書類や面接などによる選考を突破して、就職内定を得ていく必要があります。タイミングは企業によって違ってきますが、多くの学生は卒業前の年次から就職を意識し始めます。学校の就職部やキャリアセンターなどで、早めに話を聞いておくことが大事です。

就職活動を行う流れとしては、「自分自身の情報=自己分析」「業界・仕事の情報=業種・職種研究」「就業環境の情報=社会・経済・技術・政策の動向」の3つの要素を検討しながら就職したい企業を選び、それらの企業を研究して、応募活動を行っていくことになります。その流れはやりやすい順番でいいと思いますが、まずはすべての判断の主体となる自分自身を知ること、その上で広く環境を把握するところから始めて、業種・職種・企業へと絞り込んで考えるのが理解しやすい方法です。

自己分析なんか必要ないと思う方もいると思いますが、キャリアデザインをしっかりと行うために自分のことを振り返ることは大事です。世の中にたくさんある業種・職種や企業を選ぶときに、後悔をしない判断をするための基準となってきます。また企業に対して自分を理解してもらう、評価してもらうときに、その判断の材料となる自分自身の情報を、しっかりと伝えることができます。

応募する企業が決まったら、選考に合格するための対策が必要になります。それは「応募書類の準備」「面接の準備」になります。選考試験の内容は企業によって違うので、応募先が決まったらどのような試験をするかを調べましょう。応募書類は企業によってフォームが違いますが、自己分析の内容などをしっかりまとめておけば、その中からフォームに合わせて記入していけます。書類を見る人の立場になって、わかりやすく記入することが大事です。

面接については、できるだけ事前に質問内容を想定して、それに対する返答の準備をしておきましょう。そのときにも自己分析が役に立ちます。大事なのは落ち着いて相手の話を聞いて、質問に対してその意図を考えながら、相手が理解しやすいように答えることです。落ち着いて返答をするためには、十分な準備が大事であり、それにより自信を持って面接に進むことができます。

学生の就職について述べましたが、すでに働いている人が転職する場合も、企業研究や選考の対応は同様です。時期は特に決まっていないので、いつでも就職活動を行うことができます。インターネットなどだけでなく、ハローワークや外国人雇用サービスセンターなどの公共機関で情報を得ることができますので、できるだけ話を聞いてみましょう。そのような機関は、新卒でも中途でも利用可能です。早めの情報収集と十分な準備を心がけて、ぜひ就職活動を成功させてください。