• テレワーク実施可
  • フレックス・ 時短勤務制度あり
  • 休日・休暇が充実
  • 育児・介護支援制度が充実
  • スキルが身につく
  • 残業が月20時間以内
  • 女性管理職の実績あり
  • 研修・教育制度が充実
  • 新宿区で働く
  • シェアトップクラス
  • チャレンジできる社風
  • アットホームな社風
職種
雇用形態
対象

商品の販売からコンサルティングまで、 美容サロンを幅広くサポートする仕事

株式会社フジシンは全国の美容室を顧客として、世界のブランド化粧品を始めとする商品の販売から、サロン経営のコンサルティングまでを業務とする美容業界の専門商社です。「美容は人生を美しくする」をテーマとして製品や技術を提供し、お客様が心から満足できるサービスを見つめ続け、美容業界のリーディングカンパニーとして本物の美を探求して届けることを使命としています。
同社の業務は、美容に関する商品をサロンに販売するだけではなく、サロンに対するマーケティング(市場分析)、プランニング(増客・集客企画)、オープンサポート(店舗創り)、コンサルティング(各種相談・紹介)も行います。営業本部東京支店の齋藤逸生さんは、「僕たちの仕事は基本的にルート営業ですが、商品の提供だけではなく、集客の相談やスタッフ向けの商品説明会や体験会など、サロンを幅広くサポートするのが仕事です」と営業職の業務を説明します。

「勉強好き・素直・プラス発想」 この行動指針に共鳴する社員が活躍

フジシンの社員は全員「勉強好き・素直・プラス発想」という行動指針のもとで仕事に取り組んでいます。「求める人材もこの3つの言葉が当てはまる方となります」と総務・経理部兼人事部の足立さんは語ります。そして、「若い頃からいろんなことに挑戦させてもらえて、自己成長がどんどんできるという部分でやりがいを感じます」と続けました。
同社の教育制度はこの行動指針をしっかり支えるもので、入社直後には新入社員研修として、社内研修はもちろんのこと、取引先メーカー研修、物流倉庫研修、ビジネスマナー研修と社外の研修も多く設けられており、美容知識を学び、社員としての意識を高めていきます。そして配属部署がどこになっても、すべての部署を一通り経験する研修もあり、会社の業務の流れを理解し、円滑な仕事につながります。経験を積んで行くにつれて、階層別研修やサロンアドバイザー研修も準備されています。

増えてきた女性の営業担当者。 女性活躍のための制度はしっかりと整備

「年に4回の社員研修期間が設けられていて、コロナ禍以降はeラーニングも採り入れましたが、会社が指定するもの、あるいは自身が選んだコンテンツの学習を進めてもらいます」と、足立さんは充実の教育体制を語ります。そして、取引先の商品メーカーによる勉強会も大切な機会で、「最近はオンラインが増えましたが、新商品が出ると必ずメーカーが開催してくれます。商品知識を身につけること、情報のアップデートに大切な機会です」と続けました。
もともと同社の営業担当者は男性がほとんどだったそうですが、最近は女性でも営業をやってみたいという方が増え、社員全体では男性7割、女性3割くらいの比率になってきいています。「産休・育休制度はもともと整っていましたが、営業職ではまだ結婚される方が少なくて、取得実績はありませんが…」と足立さんは笑います。しかし一般職の方では取得実績があり、復帰後の時短勤務も認められているそうです。

明るくてオシャレな人が多い職場。 和気あいあいとした雰囲気で成長を

働く環境の整備もきっちりと進められていて、2022年からは祝日出社を見直して年間休日が121日になるそうです(過去実績は117日)。残業時間も繁忙期で月間20時間を超えるくらいで、「そんなに多い方ではないと思います」と足立さんは言います。そして、「実は福利厚生で人気なのが、自社で取り扱っている美容商品を社員価格で購入できることです」と続けました。
フジシンで働く方々は、美容業界ならではの、明るくてオシャレな方が多いそうです。和気あいあいとした雰囲気で、上下の関係を意識することなく話ができる環境で、「分からないことがあれば何でも聞ける先輩や同僚が多い」と言います。
最後に足立さんは、「美容に興味がある方、コミュニケーションが好きな方に向いている業界だと思います。そして弊社には活躍できる場がたくさんありますので、興味を持たれた方はぜひ来ていただきたいです」とメッセージを送りました。